When the fog clears

霧が晴れるとき

そこは戻ることが出来ない心の故郷

2008年、岐阜。97才の篠田千代さんのもとに送られてきた一通の手紙。

そこには見覚えのある花が同封されていた。

70年以上も前、はるか北の戦場、

キスカ島に散った夫から送られた押し花に似た花。

今は立ち入ることができない、極北の地に咲く「心の故郷」の花。

 

手紙の送り主は、夫の命を奪った米潜水艦グラニオン号艦長の息子たちだった。

 

彼らはなぜ70年近くたった今、千代さんに花を送ったのか。

 

花に込められた想いをたどっていくと、日本人、アメリカ人、アリュート人。

たくさんの人が語り継ぎたい「心の故郷」が、霧のむこうで待っていた。


 

戦後75年、無人島として放棄された知られざる戦地、アッツ島とキスカ島。アリューシャン列島に属し、アメリカ領で唯一日本軍に占領された島々には、いまも戦争の記憶をよびさます残骸が眠っている。

 

日本の撮影カメラとして戦後初上陸。制作期間10年。ナレーションは俳優の 長谷川博己 氏

​ドキュメンタリー映画「霧が晴れるとき」

Credits

監督・脚本:小川典

ナレーション:長谷川博己

プロデューサー:平野晃弘 

撮影:池村泰貴

音楽:苗加琢人 

タイトル:駒形克己 

アソシエイトプロデューサー:星野敏子

 

PICTURES

Kiska Island

Kiska Island

Chocolate lily

 
 

© 2020 霧が晴れるとき制作委員会